• イレブンカットのカラーは料金明瞭


    若い女性が髪を茶髪に染める理由は、
    欧米人に憧れを抱いているからかもしれません。
    そしてそうした意識が蔓延し、
    「茶髪にしないと仲間外れ」という認識が
    生まれてしまった可能性があります。
    黒い髪だとモテないと思っている女性は非常に多そうです。
    一方で、年配の女性が髪を染める理由は、白髪隠しです。

    白い髪が混ざっていると、老けていると思われてしまい、
    アンチエイジングの一環として髪を染めるのです。
    これは日本人だけの特徴と言えるかもしれません。
    欧米人はそこまで髪の色を気にしません。
    多民族国家であり、様々な髪の色の人たちが集まっていますので、
    自分だけ髪の色が異なるといったことがないのです。

    髪を染めるのはとても大変で面倒です。
    入れ墨を入れるほど大変ではありませんが、
    自宅で髪を染める場合、準備も、毛染め中も、
    後処理も、とにかく面倒です。
    少しでもやり方を間違えると、
    洗面台やお風呂場が髪染め剤で汚染されるかもしれません。
    一度付いてしまうと、油性ペンのようになかなか落ちません。
    お湯で落ちたら簡単ですが、
    そもそも髪染め剤はシャンプーしても色落ちしないようにしないと、
    意味がありません。
    爪と指の隙間にカラー剤が入りこんだら、
    1週間は真っ黒が維持されるかもしれません。

    それゆえ、イレブンカットのようなプロに任せることは多いです。
    美容師にカラーを注文したいと考えている方は、かなり居ると思います。
    そしてイレブンカットの特徴は「お店のカラー剤」か
    「自分で持参したカラー剤」を選べる点です。
    もちろん、後者を選択すれば、その分の代金が安くなります。
    イレブンカットの「持込カラー」でしたら、
    2160円で店員がやってくれますよ。

    イレブンカットは料金明瞭を謳っている美容室です。
    一般的なところだと、髪を染めるだけでも、
    カウンセリング代、技術代、カラー剤代、手袋代、
    シャンプー代、ブローなど、正直、
    明細書が欲しいくらい色々とお金が掛かります。
    しかしイレブンカットはカラーを注文したら
    2160円で全部やってくれます。
    料金が分かれば安心して利用できるというものです。